消防点検・防火管理者代行サービス・防災訓練ならイグジットにおまかせください。

イグジットの消防点検

あなたの自宅に突然の訪問者
その訪問者はリビングを通り抜けキッチンを目指します。
そして寝室をのぞきこみ、洗面所に入り、なんと押入れまで開けようとするのです。

これはいったいなんの騒ぎでしょうか。
消防点検です。

消防点検では、ご自宅のあらゆる部屋に入って火災感知器の動作確認をします。
動作確認は半年に1度。

ガスの検査、水道メーターの交換、ブレーカのチェックなど様々な業者が家の中に入りますが、部屋の押入れまでチェックするのは消防点検だけ。

イグジットが一年に訪問する家は約4000戸。
乳幼児がいる家、高齢者の家、女性ひとり暮らしの家・・・
どの家もそれぞれの事情があります。

皆さんが、「本当は他人を家に入れたくない」「早く終わってほしい」と感じていながらも笑顔で迎えてくださっていることをイグジットメンバーは理解しています。
だからこそ、イグジットメンバーは入室中ずっと笑顔を絶やしません

入室の挨拶、作業中の会話、作業中の視線の動きや、玄関で脱ぎ履きしやすい靴を選ぶことまで、消防点検中にその家にお住まいの方が気まずい思いをしないように心がけています。

半年に一度の消防点検はほんの10分間です。
でも、その10分間の負担をできるだけ軽くするために、私たちイグジットメンバーは毎日考え続けています。

イグジットの消防点検で助かる人

〇マンション管理会社のフロントマン

・不定期予算、スケジュールの管理

管理組合の予算計上時期に、今後一年間の消防設備予算をお知らせします

消火器交換などの、数年に一度発生するレアケース予算の計上漏れを防ぎます。

・女性の作業メンバー

女性の作業メンバーが多いため、入居者へ過度のプレッシャーを与えません。

・点検後のわかりやすいご報告

点検結果を写真でご報告しますので、管理組合へのご説明が楽になります。

・マンション専門だからできる点検費用のコストダウン

マンションには特殊な消防設備が設置されています。イグジットでは特殊設備専用の点検機材を自社所有し、効率化・コストダウンを実現します。
消防点検も、マンション特有の算定方法でコストダウンが可能です。

(一例)連結送水管耐圧試験 50,000円(税別)

・防火管理者を組合から選任できない場合は、弊社の防火管理者受託サービスをお使いになれます(リンク→防火管理)

・消防訓練が必要な場合、弊社のオモシロ消防訓練サービスをお使いになれます