消防点検・防火管理者代行サービス・防災訓練ならイグジットにおまかせください。

頑張る人ほど陥りがちな「忙しすぎて心が折れる」はどうしたらいい?

忙しすぎて、やってもやっても大量の仕事がまだあって、「お客さんが喜ぶ」ことより「残務を減らす」ことが重要になってくる
この状態に陥ると、他のメンバーからの助けも受けられない
「できることがあれば引き受けるよ」と言われても、引継ぎの時間さえとれない状態に陥ると自分でするしかない
気持ちがいっぱいいっぱいで心が折れてしまいそう

 

もうダメ!

 

 

「忙しすぎてキツイ」って事がある
何のために仕事してるのか分からなくなるんだ

 

ダメダメ、こんな状態になっちゃいかん
それは全然楽しくない

 

 

 

この対策として「業務量の可視化」に取り組んできた
今、誰がどんな案件を何件持っているのか
忙しすぎる状態になる前に見えるようにしよう

 

でもこれはあまり効果がなかった

 

そもそも人によってできる業務量が違う
いや、そこじゃない、「できると感じる」「やりたいと感じる」量が違うんだ

 

可視化すべきは、「業務量」ではなく「今の気持ち」なんだ
やりたい人はどんどんやればいいし、少しでお腹いっぱいな人はそれに応じてやればいい
みんな違うのだから同じ業務量である必要はない
「やりたい気持ちに対してどの程度仕事を持っているのか」なんだ

 

 

 

という事でイグジットで導入した新たな仕組みがなかなかよかったので紹介したい

それは「気持ちのトリアージ」
トリアージとは、大規模災害など多数の傷病者が発生した際の救命の順序を決めるため、患者の重症度に基づいて色を決めるもの

 

 

 

緑  軽傷
黄色 今すぐ治療しなくても死ぬことはないが、放置すると生命の危険がある
赤  重大な危険が迫っていて早急な対応が必要
黒  死亡もしくはほぼ死亡

 

これを今の仕事に対する気持ちの度合いとした

 

まず、今の自分の状態を客観的に考えられる
そして、他の人に表現しやすい 言いやすい
さらに、いつも「黄色や赤」の人がいるとすれば、社内の構造的な見直しのきっかけになるだろう

 

「山田さん、最近忙しそうだけど今何色?」「いやー、実は赤なんだ」「やばいじゃん、オレ緑だから〇〇物件の書類作っとくよ」
そんな会話が見られ始めたイグジット

 

今日の自分の状態は「緑」
昨日は「黄色」だったのだが、思ったよりスムーズに仕事が進んで色が変わったんだ

あなたは今、何色?

 

 


【受付中のイベント】

● 12/10(月) 毎週開催「所要時間45分間!社内見学ツアー」

イグジットの社内ミーティングに参加できます

どんなふうに仕事を進めているのか、

新しいアイディアはどこから生まれているのか、を

イグジットの中で体験してみませんか。

タイミングが良ければ様々なことを自分たちで意思決定する生の姿が見られるかも

毎週開催「所要時間45分間!社内見学ツアー」

 

● 2019年 2/5(火)・2/6(水) 「経営リーダー集中トレーニングコース」~価値観経営メソッド~

社員自身が主体的に考え、自分たちで意思決定する

それが可能な理由を社員の皆さんと一緒に身に着けることができます

僕も運営メンバーとして参加しています

経営リーダー集中トレーニングコース