「消防訓練の司会・マニュアル」を探し続けている人へ

今すぐやるべきは、司会マニュアルの検索ではなくオモシロ消防訓練屋を呼ぶこと!

マンションのベランダから避難する想定で、仕切板を割ってみる体験。

会社であれ地区であれマンションであれ、消防訓練をやらなきゃならないとなったら司会進行が必要ですよね。
ふだんからいろんな場にしゃしゃり出てベラベラとしゃべり慣れている人ならともかく、イキナリ大勢の前でテンポよくイベントを進行させるのはなかなか難しい仕事です。

そういうときはぜひオモシロ消防訓練屋を呼んでください。

イベント前の、参加者全員による避難訓練をリード。

オモシロ消防訓練屋はこんなことができます

・大声で呼びかけます!
出火を想定した避難訓練で「訓練火災!訓練火災!」と、ハラの底から声を出します。
マイクも使いますけど。

・「何をするのか?」をお伝えします!
なんとなく集まってくる参加者に対して、どこに集合するのか・なにをするのかをハッキリ伝えます。

・イメージしやすい訓練!
訓練で用意するのはいかにも「あるある!」なシチュエーション。
参加する人が実際の生活で気を付けるポイントをイメージしやすいよう、リアルな設定にこだわっています。

・笑いのツボがたくさん!
オモシロ消防訓練では「参加者に興味を持ってもらう」を最優先にしています。
訓練トークには楽しんでもらうための笑いのツボがたくさんあります。

キャラ作りもバッチリ。

・質問には答えません!(!?)
参加者からの「こんなときどうしたらいいの?」には解答を出しません。
どこで何が起こるかわからないのが災害です。なにが正解かは、やってみなければわかりません。
どんな方法があるか?を参加する人と一緒に考えるので、コミュニティに一体感が生まれます。

・消防設備の知識があります!
専門的な知識を要する消防設備の取り扱ができます。その建物に応じた個別の対応方法をアドバイスします。

・臨場感のある体験型訓練で、イザというときの自信と勇気が必ず身につきます!

【オモシロ消防訓練のお問い合わせ・お申込みはこちらからどうぞ】

オモシロ消防訓練の一覧へ戻る »